施術の流れ

procedure-template-1

初めてご来院の方には、現在の症状や過去の状況について『健康調査表』にご記入いただきカイロプラクティック施術に必要な基本事項を把握させていた だきます。『健康調査表』は事前にオンライン上で記入して送信できますので、あらかじめご記入のうえお越し下さい。『健康調査表』を送らずに来院した場合は、お断りするケースもありますので、必ず事前に書いてくださるようにお願いします。

※ クリックして☞『健康調査表』を記入。   ※ クリックして☞『オンライン予約』を記入。
(事前の『健康調査表』の送信がなければ予約は完了しませんのでご了承ください)
procedure-template-2

ご記入いただいた『健康調査表』をもとに、具体的に身体状況や症状について詳しくお尋ねし、問題点を正確に判断するためのステップです。正しい情報の収集と理解こそ、安心して施術を受けていただくための第一歩です。この段階でカイロプラクティック療法の適応・禁忌がある程度判断できます。
なおこの段階で禁忌症状である場合は適切に病院・医師を尋ねることを、当オフィスではお勧めします。

procedure-template-3
健康調査表内容に基づいて姿勢検査、筋力検査、理学検査、整形外科学的検査、神経学的検査、カイロプラクティック検査を行います。レントゲン、MRI、CT、超音波画像などのプリントアウトあるいはCDをお持ちの方はご持参ください。カイロプラクティックは整形外科と同様にレントゲンやMRIなどの画像検査も参考にしますが、カイロプラクティックには独自の背骨の微妙な動きや関節の動きなどのモーションパルペーション(3次元的可動域検査)や神経干渉圧迫測定器、トリガーポイント検索機、AK、脊椎レベル反射などを重視しております。カイロプラクティック所見範囲内で、問題がな場合はトリートメントに進みます。
procedure-template-4
健康調査・検査で得られた情報からお身体の状態の説明、施術の内容、施術後の身体の変化、施術スケジュールなど各個人のライフスタイルに合わせ、分かりやすく明確にお伝えします。問題箇所がわかりやすくするために必要であればリアルタイム3D解剖画像でもおみせできます。

is-image3-205x300
procedure-template-5
背骨を中心に患者様の症状にあわせた施術を行いますが、あん摩、指圧、マッサージ、リラクゼーションは行いません。
カイロプラクティック・マニュピュレーション(施術)は痛みをともわないものですが、筋膜リリースやトリガーポイント・リリース[1]では一時的な痛みが出る場合もあります。神経筋療法、関節モビリゼーションそして関節アジャストメントもしくは脊椎マニピュレーション(アジャストメント[2])を含む徒手トリートメントおよび等尺性抵抗運動を利用したPNFやPIR、ダイナミック・ピン・アンド・ストレッチ、アクティブ・リセット・テクニック、運動ニューロン反射を利用した抵抗性筋膜ストレッチが基本となります。心臓に負担のかかる施術や、血管迷走神経反射を誘発するような、厳しい手技は基本的に行いません。当院では手技による矯正(矯正音がなる)が中心ですが、矯正音が怖いという方には米国より最新カイロプラクティック機器を導入して痛みを緩和させるための技術を最優先しております。例えば、パルペーション(3次元的可動域検査)で異常個所が分かれば、確認用 Neurocalometer[3] Delta-T(ニューロカロメーター)、Nervoscope (ナーボスコープ)やディジタル筋硬度計、高画質赤外線サーモグラフィー、自律神経測定器などの機器等で確認をとり異常個所の発見の精度を高め、カイロプラクティック以外の問題と区別するために使用するアクティベータVや電動トグル・コイルが使用できる最新式のエルコニア自動アジャストメント機器、オートパルス圧力波アジャスター機器、バーティカル周波器、スーパーライザーPX、DMS (Deep Muscle Stimulator)セラピー機器などを使って短時間に施術を行います。また当院ではカイロプラクティック以外の問題に関する疾患に関しては速やかに他の医療機関で受診するように説明し、無駄に施術をして時間の無駄や健康を害するようなことは行いません。1日も早く回復することが大前提と考えております。
[1] トリガーポイント・リリースとは筋肉が起こす痛みの原因となっているポイントを解放すること。
[2]アジャストメントとはサブラクセーション(神経情報伝達の異常個所)を手や器具を使って取り除くこと。
[3]Neurocalometer(ニューロカロメーター)脊髄神経干渉圧迫測定器。

is-image7-300x199 graston-1
k-toolselectro fibrotic tissue tool

procedure-template-61
症状が早期軽減するまでの施術計画を説明します。
一回で痛みが取れ良くなっても症状や慢性度合いにより、数回の施術が必要になります。理由は一時的に痛みが取れ自然治癒過程で、すぐに同じような生活習慣に戻るとせっかく一時的に引いた痛みと治癒過程が元に戻る可能性が非常に高いからです。多くの症状は姿勢や生活習慣からくる症状ですが、慢性的に繰り返されることによってそのパターンが脳に記憶されてしまうので、その記憶を解放してあげなければ、なかなか治らないものです。ですから施術後も当院で教える運動療法を並行して継続する必要があります。
安心し てご来院いただけるよう、今後の施術計画と、家庭や職場で簡単にできる筋肉強化、有酸素運動などのエクササイズやストレッチ、食生活及び栄養などの予防などをアドバイスします。

 

 

ページ上部へ戻る