ふわふわめまいの原因

めまいは、末梢の受容器である半規管と耳石器から第8神経までの異常で起こる末梢性めまいと、脳幹・小脳・大脳などに異常があって起こる中枢性めまいに大別されます。

体のバランスや眼球の動きの調整は視覚、深部知覚、前庭機能から情報のコントロールがされています。頭位性のめまい以外でよくみられる疾患の中で、持続性のめまいと発作的に再発するめまいの2つに分けられます。
頭位性のめまいは頭位変換によって誘発された前庭系の一過性の興奮により耳石器が重力方向に敏感に反応するところから、耳石(平衡砂)の病変や、その関連 の前庭神経核や小脳に原因がありますが、三半規管でも頭位性のめまいは起こります。頭位性のめまいは良性のことが多く(良性発作性頭位性のめまい BPPV)、その 一部は後半規管(左右に対する平衡感知)に浮遊粒子が迷入することによって起こるケースが多く、半規管結石症(canalithiasis)あるいはクプ ラ結石症(cupulolithiasis)の可能性を考え、当院ではDix-Hallpike maneuverテストをやり陽性であれば、SemontやLempert治療で治ります。また頻度は低いですが、中枢性の病変でも頭位性のめまいは生 じ、多くは第4脳室付近の病変で、他にも神経症状を伴い、その眼振は典型的には純粋垂直型で脊髄小脳変性症、多発性硬化症、小脳・脳幹腫瘍、アーノルド・ キアリータイプ1奇形などがあります。

回転性めまいは内耳、小脳・脳幹を疑いますが、浮遊(浮動)性のふわふわめまい感では、ふわふわまた は雲の上にふらふら歩いているような感覚で、真っ直ぐ歩 けるのだが気分的にどちらかに寄って行くような感覚のふわふわめまい感は、頭部から肩甲骨付近までの筋肉の緊張による血流障害によるもの、パニック障害、 過換気症候群、高血圧、神経筋疾患、疲労、寝不足、低血糖、低K血症、視力低下、パーキンソン症候群、頚椎症や自律神経失調症によるものと色々な原因が考 えられます。あまり若い人で は多くはないですが、動脈硬化により椎骨動脈という頸椎から出て脳幹部、小脳に血液を供給する動脈の血流障害による椎骨脳底動脈循環不全(VBI)や一過 性脳虚血発作(TIA)などが関与する場合などで起きます。意外と見落とされる原因では、ヘルペスウイルスの存在でめまいが起きるケースも多くあります。 そしてコーヒーのカフェィンやアルコール摂取でも起きることがあります。また時間的経過で、ふわふわ感が強くなる場合は聴神経腫瘍(前庭神経鞘腫)や中枢神経系変性疾患なども考えられます。まれに左鎖骨下動脈の動脈硬化が起こった場合左腕を挙 上などした時に、一過性にふわーっとめまいが起きる鎖骨下盗血現象めまいも存在します。他にも外リンパ瘻や帯状疱疹ウィルスが内耳や顔面神経、蝸牛神経、 前庭神経などに感染して起こるラムゼイ・ハント症候群があります。

当院ではまず、めまい患者が来院した場合は脳幹と小脳上部の障害のチェッ クのために、めまい以外の神経症候を探し、次に末梢前庭障害、小脳下部の障害をチェックします。検査等には起立性低血圧の有無、血流障害検査、眼振 検査、小脳試験検査、前庭機能検査、聴力検査、中枢神経学検査などをやり、まず末梢性か中枢性かを判断し、中枢性で手技療法禁忌のものは病院での精密検査 を必要とする場合はすぐにその説明と何科に行くべきかをお伝えします。カイロプラクティック適用範囲の問題であれば、Liberatory maneuverやCanalith Repositioning Maneuver(CRM)治療、頚椎付近の筋緊張とクラニアル・ストレインを取り、特に胸鎖乳突筋のトリガーポイントのリリース治療、胸椎のソマティッ ク機能障害の調整、頭蓋骨の可動性調整、側頭骨と顎関節の調整、サブオキシピタル・インヒビション施術、鎖骨AC7トリートメントなどで減少する可能性があります。また交感神経亢進によるふらつきの場合はノンインベーシブ星状神経節ブロックや交感神経ブロックなどの療法を使います。

関連記事

ページ上部へ戻る