帯状疱疹ヘルペス

ウイルス英語では、“shingles” または “Herpes Zoster” と呼ばれています。背中を通る神経の根っこの部分にヘルペス・ウイルスが感染した症状を指します。多くの場合、小さい水ぶくれ(水痘)が背中の中心から横 に這うように広がり、じくじくとした違和感や、鋭い刺すような痛みを訴える場合があります。帯状疱疹にはHSV-1型とHSV−II型があり、その症状が 混在することもあります。

発症する場所は、主には背中と胸部の表面(胸壁)ですが、ときに目・顔面や手足に出現することもあります。 体内のヘルペス・ウイルスは残念なことに、一度感染すると排除することはできないため、何度も繰り返し発症することもあります。

帯状疱疹と診断されるとすぐに医師から抗ウイルス剤を1週間分ほど処方されますので、医師の指示通り必ず1週間分の抗ウイルス剤を飲んで下さい。早期の診断 と抗ウイルス剤の摂取が、早期治癒の非常に重要な鍵となります。重症のケースでは背中の神経が出るところに沿ってステロイドと局所鎮痛消炎剤を注射すると いう処置法があります。しかしこの場合、肺を注射針で傷つけてしまう可能性があり、気胸という重篤な肺疾患を誘発してしまいます。従って、このヘルペスに 対しては、医学的に有効な治療法がないとされるのが現状です。厄介なのはある程度、抗ウイルス剤が効いて帯状疱疹が治癒に向かっても、ウイルスが通過した 筋肉は必ずと言っていいほど、周辺の筋肉を連続的収縮させますので、筋膜の癒着や痙攣が起きます。それを放置せずに早い段階で筋膜リリースや筋肉弛緩緩和操作をしないと、帯状疱疹後神経痛に悩まされる原因となり、最大では数年もの間、後神経痛に悩まされます。筋肉弛緩緩和操作はマッサージや指圧ではリリースされません。当オフィスでは一日もはやく後神経痛の副作用から解放できるようにニューロマスキュラーやニューロキネティック・テクニックを使って施術します。

帯状疱疹ヘルペスは、体にもともと潜伏しているヘルペス・ウイルスが、抵抗力の低下やストレスが原因で活動 し、神経の中で暴れだす時に症状を起こします。本来、帯状疱疹ヘルペス・ウイルスは、健全な神経には悪さをせず、弱った神経にはびこって悪さをすると考え られます。ですから、神経の状態を元気な状態にすることで、症状を早く回復させ、ウイルスの活動をストップすることができるわけです。同時に神経の修復に ビタミンB12を摂るようにしましょう。

普段から正しい食生活、適度な運動、精神的ストレスの解消などを心がけていくことで、身体の免疫力 をつけておくことは非常に重要です。しかし、何よりもまず、身体の働きをコントロールする脳からの情報を伝える神経が健康でなければなりません。ですか ら、カイロプラクティックで背中にある神経のスイッチを「オン」にすることは、体の機能と免疫力を向上させ、ヘルペスを起こす原因の改善につながるだけで なく、予防にもつながるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る