整体との違い

整体は患部の緊張を揉みほぐしたり、関節を曲げたりしますが、カイロは傷んだ患部を揉みほぐしたり、痛いのに無理に曲げたりすることはいたしませ ん。整体によって一時的に血流が良くなり症状が緩和される事もありますが、かえって炎症を悪化させ、治療期間が長引く可能性もあります。根本的改善にはなりません。整体は日本武術や中国伝統医学に加えて、西洋のオステオパシーやカイロプラクティックなどがミックスした方法で、臨床経験豊かな施術者であれば 治療効果が期待できます。しかし基本的に、整体には様々な流派が存在し、統一的に共有されている公的な論文や研究発表がなく、臨床結果の「根拠」が存在し ません。「整体カイロ」とか「カイロ整体」、「整体カイロプラクティック」と名のるところがありますが、整体とカイロプラクティックはまったく違うものです。国際基準の整体・カイロプラクティックとかの表示をしているところもありますが整体には国際基準などありませんし、国際基準のカイロプラクティックを取得した 人であれば整体と混同することもなければ、名乗ることもあり得ません。根本的にカイロプラクティックと整体は施術の仕方が異なります。整体は、歪んだ椎骨に連なる複数の連続した椎骨全体を矯正するのに対し、カイロプラクティックはピンポイントで一つの椎骨の歪みを矯正します。当院は純粋なディバーシファイド・カイロプラクティック・オフィスです。多くの外国人も訪れアジャストメントによって神経生理機能を改善しています。当院ではクラック音(ボキッ)という音のする矯正が苦手の人のために、独自の除圧方式やソフト・アジャストメントやアクティベーターでの矯正も行っております。

当オフィスはカイロプラクティックのみを使用しております。WHO(世界保険機関)がカイロプラクティックを認め整体を認めないのは、「安全・効果の根拠」が実証できないからなのです。ちなみに、WHOが現在認めている代替医療はカイロプラクティックと鍼灸のみです。

カイロプラクティックの安全で根拠のある治療法「ディバーシファイド・テクニック」は多様な要素を含んだ技法で、このテクニックでは様々な疾病や症状に効果があることが証明されています。

ニュージーランド政府の調査では、ドクター・オブ・カイロプラクティックによって行われるアジャストメントは「非常に安全である」と報告されています。ちなみに、鎮痛剤の投与・服用のほうが、身体への負担ははるかに強く副作用も伴います。

薬や手術で治る病気もたくさんありますが、人間の体は外部からの治療では決して治らない、自覚症状の少ない隠れた病気、”サイレント・キラー”もあります。 その多くの原因は体の中心にある背骨の歪みと、その背骨の中を通る神経の流れの滞りからくるものが多いのです。背骨は身体の柱です。その背骨の中には、脳と身体のコミュニケーション手段となる脊髄が通っていて、背骨が歪むことは、同時に脊髄が歪むことを意味しています。

脳から身体へ送られるシグナルが、背骨の歪みが原因で「交通渋滞」を起こすと、身体はどんどん弱くなっていきます。その結果、連続的な筋の過緊張やストレスが身体にかかることになるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る